2005年 04月 23日 ( 2 )

 「(中国の)平和的な発展」だって?(ワシントンポスト社説)

◆中国の態度を、またもやワシントンポストが強い調子で非難している。

 

 昨日、アジアアフリカ会議で、小泉首相が謝罪したのに、中国は「言葉だけでは不十分だ」と述べ、予想したこととはいえ、要するに何度謝っても、イチャモンを付けてくる。

 日本が戦時中に殺戮を行ったのが、事実であったとしても、何度も述べているように、古今東西、戦争に参加した全ての国は、多かれ少なかれ、国家公認で他国人を殺害しているのであり、その非倫理性は、戦勝国であろうが、敗戦国であろうが、完全に同一である。

 そう考えて腹立たしい思いでいたら、またもやワシントンポスト紙の社説が(日本人にとっては)小気味良い調子で、中国を批判しているので、御紹介したい。

 なお、念のため申し添えるが、アメリカのジャーナリストが述べていることは正しいけれども、私は、今週、ワシントンポストが日本を擁護してくれたからといって、従来の自分の思想を変更する訳ではない。

 つまり、安易な憲法改正(9条改正)や、日本に集団的自衛権の行使を認めることには、今でも反対である。

 なお、今回の記事の引用元は、

 A 'Peaceful Rise'?

http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A10699-2005Apr22.html

である。


◆「平和的発展と(中国は)云っていなかったか?」(4月22日付、ワシントン・ポスト紙社説)

 

 かつて中国が、「平和的な発展」を通じて世界大国としての地位を目指す、と約束したとき、フー・チンタオ(胡錦濤)主席の口から出たその言葉は、頼もしく聞こえたものだ。

 だが、ここ数年間の中国の実態を見るにつけ、「平和的発展」はますます空しく響くようになりつつある。胡錦濤氏が云うところの「平和的」な政策のもとで、中国本土政府は香港の民主主義を乱暴に抑圧し、イランやスーダンのような無法者と手を組もうとしており、国防予算は毎年2ケタ台で増加している。

 また、台湾が中国の要求(JIRO注:中国は、台湾は中国に併合されるべきだと考えている)に従わないときには、宣戦布告することを認める法案を採決した。 そして、現在は、大衆の感情的なナショナリズムを、日本を脅迫する野蛮な手段として用いている。

 これらは全て、国際社会の安定をもたらすこととは正反対の行為である。胡錦濤氏の政策は周辺地域を対立する二極に分裂させ、アメリカや世界の他の国々にそのどちらかの側に立つか選択を迫る、という危険な状態をもたらしているのだ。

 世界中の誰一人としてこのような状態を望んでいないが、もしも、選択を迫られることになったとしても、決断は、容易に下されるだろう。

 日本の民主主義政権は、台湾も同様だが、近隣諸国に対して何ら脅威をもたらしていないし、特に日本は、近年とみにアジアと世界の安全保障に貢献している。

 日本の右翼は今でも1930年代から40年代にかけての対外侵略を軽視しようとするが、日本政府は何度も繰り返し近隣諸国に対して、60~70年も昔の罪に関して謝罪している。

 昨日(4月22日 金曜日)、小泉純一郎内閣総理大臣は、中国政府との緊張を和らげ、フー・チンタオ(胡錦濤)主席との会談への道を拓くために、今一度、謝罪を繰り返したほどである。



 中国側は、この日本の宥和的な申し出に対して、しぶしぶ応じてやる、というジェスチャーを示しているけれども、1972年の日中国交正常化以来最悪と云われている現在の日中関係をもたらした殆ど全ての責任は中国にある。

 日本の歴史教科書問題に関して、過剰な反発を示し、デモに参加した中国市民が、北京、上海などにある日本の在外公館や北京の日本料理店を襲撃することを黙認したどころか、むしろ扇動したのは、胡錦濤政権なのである。

 中国の一般大衆が反日感情を持っていることは確かだが、胡錦濤政権は、その民衆の破壊的なエネルギーを、あおり立て、自分たちの政治目的に利用する、という非常に危険、かつ無責任な決断を下したことになる。



 彼らの政治的目的のひとつは、日本の、国連安保理の常任理事会への加入という、至極もっともな要求を阻止することであり、今ひとつは、ナショナリズムを高揚させることによって、既に長すぎる中国共産党による一党支配体制を維持することである。

 だが、中国政府は、反日デモが突如その矛先を自分たちに向ける可能性を恐れて、ようやく、騒動を鎮圧しようとする努力を開始した。

 中国政府の公式声明は、「無許可の」対日抗議行動は止めよ、と告げている。



 いずれにせよ、中国の指導者たちが、今回の経験から、乱暴で粗野な「香港、台湾、日本叩き」によって彼らの支配力を強化しようとしても無駄であること、ましてや「平和的発展」からは最も縁遠い方法である、ということを学んだかどうか、甚だ、怪しい。

 現在の中国政府の態度は、むしろ、他のアジア諸国と、最終的にはアメリカとの団結力を高め、中国の好戦的な態度を抑止しようとする動きを起こさせる原因になりかねない。

 それは、アメリカ合衆国にとっても、中国にとっても、他のアジア諸国にとっても、国際的な安全保障にとっても望ましいことではない。

 この最悪の事態を防ぐことが出来るか否かは、胡錦濤主席が、今回の一連の政治的判断の誤りを認識できるかどうか、にかかっている。


by j6ngt | 2005-04-23 22:43

「小泉首相の演説、多くの中国人はおわび表明だけでは十分ではないとの見方」いい加減にしろよ

◆「小泉首相の演説、多くの中国人はおわび表明だけは十分ではないとの見方」

 [北京 22日 ロイター] 小泉首相が22日、ジャカルタで開催されたアジア・アフリカ会議での演説で、戦時中の日本の行為についておわびの気持ちを表明したことが、日中首脳会談実現の可能性を高めたとみられているが、多くの中国人は首相のおわびは十分でないと感じている。

日本の国連安全保障理事会の常任理事国入りに反対するため、インターネット上で嘆願書を集めているグループの反日運動家は、「ことばでわびただけだ。十分とは言いがたい」とし、日本は文書で謝罪する必要があり、憲法に過去の戦争のことについてふれるべきだ、としている。

また、インターネットサイトSina.comには1000以上の意見が寄せられ、「行動は決定的なもので、ひとつは、戦犯者に対する参拝で、もう1つは歴史教科書の問題だ。日本は(このことに)何かしなければならず、さもなければ首相のおわびは誠意がないものだ」と指摘している。(ロイター) - 4月22日20時34分更新


◆コメント:いい加減にしなさい。

 

歴史問題について謝罪しろと言ったのは、中国だろう。だから、謝罪しただろう。

 そうしたら、今度は「お詫びだけでは不十分」だといいやがる。

 これでは、ゆすりたかりである。



 元やくざの安倍穣二氏が書いていたが、ヤクザは女の子を騙して連れ込み輪姦し、その一部始終を写真に撮り、親のところにやってくる。

そして写真をばらまかれたくなかったら、100万円(仮に)よこせ、と脅す。

 100万円支払ったら、ネガを返してくれるかと思うと、絶対にそうはいかず、さらに200万払え、といつまで経っても、つけこんできて、骨の髄までしゃぶりつくすのだそうだ。

 人間の屑である。

 私は、中国を見ていると、このヤクザの話を思い出す。

 今回で、公式に謝罪したのは18回目である。資金は3兆円も援助した。

 まだ、ダメなのだそうだ。


◆コメント;教科書を書き換えろと言われても、歴史的事実が曖昧なのだから、書きようがない。

 

 南京大虐殺の被害者の正確な数も分からない。

 中国はこの前まで30万人と言っていたが、今日はいつの間にか35万人だという。どうなっているのだ?つまり、真実は誰も証明できない、ということだ。



 真実かどうかわからないことを、安易に教科書に書きます、と約束できるわけがないだろう。

 そもそも、学校で教科書を使わなくても、これだけ世間で騒げば、よほどのバカでない限り、中学生も高校生も、日本軍が戦時中に中国人を殺し、いまだに恨まれているのだということは、十二分に分かることだ。



 小泉首相のアジア・アフリカ会議での謝罪は異例中の異例である。

 私は、日本がこういう形で謝罪するならば、アメリカは日本や、かつて奴隷として黒人を連れてきた全てのアフリカ諸国に謝罪するべきだと思う。

 スペインは南米諸国に謝罪するべきだし、ロシアはチェチェンやウクライナやバルト諸国に謝罪するべきだし、

 ローマ帝国だったイタリアは、イギリスを始めとする全てのヨーロッパやイスラム諸国に謝罪するべきであるし、韓国はベトナムに謝罪するべきだ。

 中国はチベット、ベトナム、インドに謝罪するどころか、ただの1行も教科書に載せていないではないか。

 そして、中国は今日もまた、「歴史」を歪曲した。

 今日付の「人民日報」の記事をエキサイト翻訳を用いて日本語にしてみた。

 機械翻訳なので、どうしても変な日本語になるが、意味はお分かりになるだろう。人民日報のデタラメ記事である。


◆記事:「欧米の世論は日本を批判する」

人民ネットのマカオの4月19日のニュース 海外の中国語のメディアの報道によると、近い何日(か)は来て、ヨーロッパ国家と米国のいくつか主流のメディアは始まって次から次へと文章を書いて、日本の強硬な外交政策を厳しく非難して、およびそれの歴史問題の上で責任を負わない態度。日本の“争常”は、歴史の教科書などの問題を改正するため、周辺の国家の強烈な抗議を誘発して、急にその正体は西方の公衆の前で暴露する。



 欧米のメディアが、日本ではなくて、中国に批判的であることは、私のここ数日の日記を読んで頂ければ、お分かりになると思う。

 中国は、数日前のことであるが、これこそ明確に、「歴史的事実を歪曲し」ていることが明らかだ。


◆CNNも中国の歴史教科書のウソを指摘している。

 CNNも4月17日付で「中国の教科書に書かれていないこと」という記事をWebサイトに載せている。

引用元は、

 "What Chinese textbooks don't say"

 http://edition.cnn.com/2005/WORLD/asiapcf/04/13/china.japan.ap/index.html

 である。

◆「中国が教科書で触れていないこと。」(要旨)

 中国は、日本が新しい歴史の教科書で「従軍慰安婦」問題などに触れていない、と批判しているが、中国の歴史教科書には、共産主義体制の歴史に関する記述が全く無いし、近隣諸国との関係で起きた問題も完全に隠蔽しているのだ。

 専門家によれば、中国の歴史教科書は、被害者意識を強調してナショナリズムを高めることと、1949年に誕生した共産主義体制の栄光をたたえることが目的とされている。

 そして、その原則にそぐわない、一切の事実は排除される。

 教科書には、たびたび、国家の為に日本人を初めとする異国人と闘って戦死した英雄を賛美する記述がある。

 教科書には、「外国の侵略者と闘う、勇敢な中国人」のプロパガンダ的挿絵が随所に描かれており、その姿は、数日前に、中国の日本領事館に石を投げつけていた人々の姿にそっくりだ。

 中国の最も国際的な都市である上海ですら、8年生(中学2年)の教科書には、繰り返し日本人を侮辱する「日本人の盗賊ども」という表現が公然と用いられている。

 この教科書は、「日本人が1937年~45年の間に35万人もの中国人を死傷させた」をくどいほど繰り返し、強調している。 「日本陸軍はいたるところで、住民の家を焼き払い、人々を殺し、略奪を繰り返した」と書かれている。

 しかし、この教科書には、1962年中国とインドに国境紛争が生じて、中国の兵士がインド人の住民を攻撃したことは全く書かれていない。

 また、1979年、カンボジアのポルポト政権(中国と仲が良かった)に抵抗していたベトナム軍を、中国が攻撃したことも無視されている。

 そのほかにも、 1989年の天安門事件。 1958年~61年の毛沢東によって推進された「大躍進政策」の結果、飢饉が生じて、何と、3000万人もの人々が餓死したこと。は完全に無視されている。

 オックスフォード大学で中国問題を専攻するシン・ミン・ショー氏によれば、 「日本が歴史的事実をゆがめているとすれば、それは、過去の自国の恥を晒したくないという意識から来ているが、中国の歴史の改ざんは、共産党の利益に資するためである。つまり、歴史的事実を中国が記述しないのは、政治的計算に基づくもので、日本よりもずっとタチが悪い」ということになる。



◆コメント:広州では、ひどいことが起きている。

 今日、初めて知ったのだが、ひどいことをする、中国人がいる。

◆記事:日本人女性に嫌がらせ電話、中国・広州で相次ぐ

 【香港=関泰晴】中国広東省広州市の日本総領事館は21日、同市居住の日本人女性に対する嫌がらせ電話が相次いでいるとして、注意を呼び掛けるとともに、同省政府に対応を要請した。 反日デモの影響もあり、現地では不安を訴える声も出ている。

 嫌がらせ電話は中国人男性によるものと見られ、日本人女性の自宅や携帯電話にかかっている。

 男性数人が電話口で冷笑したり、わいせつ画像を携帯電話に送り付けたりするケースもあるという。(読売新聞) - 4月22日10時58分更新


 いかなる理由があっても、日本人個人を、しかも女性を大勢の中国人男性が嫌がらせをするとなると、品性・教養が疑われる。このままでは、 やがて、中国が世界中の軽蔑の視線を一身に浴びるときがくるだろう。


by j6ngt | 2005-04-23 11:40