カテゴリ:外交( 2 )

「14都市以上で反仏デモ=中国政府、暴徒化を懸念」やはり、北京オリンピックは中止すべし。

◆記事1:14都市以上で反仏デモ=中国政府、暴徒化を懸念(4月21日21時0分配信 時事通信)

【北京21日時事】パリでの北京五輪聖火リレーへの妨害などに抗議する中国国内の週末の反仏デモは、

中国・香港メディアが伝えただけで少なくとも14都市で発生した。2005年の反日デモが週末ごとに発生した事例から、

中国側は「週末は引き続き注意が必要」(政府筋)との認識を示している。

仏大手スーパー、カルフールを標的としたデモの参加者は主に学生だった。21日付香港紙・明報によると、

多くの都市で大学が討論会などを実施、学生のデモ参加を阻止したという。同紙は、一部のデモでは市民が連行されたとも伝えた。

中国当局は今回、平和的な「愛国デモ」を事実上黙認しているが、暴徒化を懸念しており、「懸命に抑えに掛かっている」(北京の外交筋)もようだ。


◆記事2:<マレーシア>聖火リレーで日本人3人保護 中国人ともめ (4月21日21時28分配信 毎日新聞)

【マニラ矢野純一】マレーシアの首都クアラルンプールで21日、北京五輪の聖火リレーが行われた。

出発地点の独立広場近くで、チベットの旗を掲げた日本人3人が中国人留学生らに取り囲まれもみ合いとなり、

マレーシア警察に保護されて事情聴取を受けた。一連の聖火リレーを巡る抗議活動で、日本人が治安当局に事情を聴かれたのは初めて。

警察などによると、保護されたのは夫婦と少年。スタート直前、独立広場に集まった観衆の中で「チベットに自由を」と叫び、チベットの旗を掲げた。

中国人留学生らが旗を奪おうと取り囲み、警官が3人を引き離した。

在マレーシア日本大使館によると、3人は同警察で事情を聴かれており、けがなどはない。3人は氏名や年齢の公表を拒んでいる。

聖火リレーは約1000人の警官に警備されて無事終了した。


◆記事3:「中国製品はゴミじゃない!」CNNキャスター発言に、大手メーカーが抗議声明―上海市(4月21日14時22分配信 Record China)

2008年4月19日、中国各メディアの報道によると、米サンフランシスコ市での聖火リレー中継でCNNキャスターのジャック・カファティ氏が

「中国製品はゴミ」「中国人は暴徒」などと発言したことに対し、上海市の大手上場メーカーが抗議声明を発表した。

声明を発表したのは、コンテナクレーンメーカー世界最大手の上海振華港口機械(集団)股フェン有限公司(上海振華港機)。

同社は、「カファティ氏はメディアを通じて公然と、品質、技術ともに優れた中国製品を『ゴミ』と発言した。

どうやら無知で傲慢で愚かな人間のようだ。弊社4万人の職員は怒りに燃えている」とカファティ氏を痛烈に批判。

さらに、「米国の大手港湾には、中国製の鉄鋼製品が多数そびえ立っている。是非カファティ氏にその目で見てもらいたい。

それでもまだ『ゴミ』発言をするなら、米国の弁護士に依頼して直ちに同氏を提訴する」との考えを示した。


◆記事4:中国当局がラサのチベット寺院急襲、僧侶400人以上拘束(4月21日20時22分配信 読売新聞)

【香港=吉田健一】米政府系放送局「ラジオ自由アジア」は20日、中国の武装警察部隊が18日、

チベット自治区ラサのセラ寺を急襲し、僧侶400人以上を拘束したと報じた。

僧侶らは、中国当局が国旗掲揚やチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世批判をチベット寺院に要求していることに

反発したため拘束されたとみられる。

同放送局によると、武装警察は同日午前2時ごろ、四十数台の車両でセラ寺に乗り付け、僧侶を拘束した。

留置施設が満員のため、僧侶はラサ郊外の洞穴に閉じこめられているという。

中国当局は最近、同自治区や四川省、青海省などのチベット族居住地域で僧侶に対し、

国旗掲揚などの「愛国主義教育」を強化しており、抵抗する僧侶の拘束が各地で相次いでいる模様だ。


◆コメント:中国人は他国の人にオリンピックに来て欲しいのなら、カラむなよ。

記事を4つ並べた。

本当は、緊急性・重大性に基づけば、記事4をトップに持ってくるべき所だったが、悪しからず。

記事4が事実ならば、これほど世界中が中国政府にチベット族の弾圧を止めろ、と言っているのに、一向にそれを聞き入れる気配がない、ということだ。

そして、より一層世界をあきれさせているのは、チベット弾圧に抗議する国際世論に、中国人がケンカを売ってくることである。


北京オリンピックを開催する、とは、何を意味するか。

中国は主催国=ホスト国となるのである。世界中からやってくる選手は、中国人にとって客人として歓待しなければならない。

共産党独裁支配による教育しか受けていないから、世界的視野で物事を考えられないのは、気の毒でもあるが、

オリンピックに参加する他の国は、こんな国、行きたくありませんよ。


中国政府のチベット弾圧がけしからん、というのは、ほぼ国際世論の趨勢である。

ところが、中国人は、

「けしからんとは、けしからん」

と、ケンカを売ってくるのだ。せめてオリンピックが終わるまでは、
「いろいろ至らない点はございますが、皆様のお越しをお待ちしております」

という態度に徹しなければ、ダメですよ。

チベットの旗を取り出しただけで、その人をなぐるような、短絡的、直情的、感情的、反射的、暴力的な人間が12億人もいる国に

わざわざ世界から集まって運動会をやらなくてもいい。

聖火リレーだけでこれだけ揉めごとが起きるのを、私は初めて見た。

本当に五輪が始まったら、一体、競技の勝ち負けやら判定やら、何だかんだでどれだけ揉めるか、想像に難くない。

北京五輪は、中止にしましょう。選手の生命(選手生命じゃないよ。生物学的生命のこと)の問題だ。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。


by j6ngt | 2008-04-21 22:53 | 外交

日本は、外国に誘拐された一般人さえ取り返せないのに、プロの外交官を構うわけがない。

 

 上海日本総領事館の領事(46)=当時=が中国当局が用意した色仕掛けにハメられ、 昨年5月に自殺していたことが分かった。

 27日発売の週刊文春によると、亡くなった領事は外務省と領事館の暗号通信を担当。

 領事の自殺は暗号解読をねらった中国当局の執拗な恫喝が原因だったとみられ、中国政府の外交官に対する非道な工作活動に波紋が広がるのは必至だ。



 週刊文春によると、領事は昨年5月6日午前4時ごろ、上海総領事館の宿直室で首をつって自殺した。

 領事は旧国鉄出身で、分割民営化後に外務省に入省した。米・アラスカのアンカレジやロシアに勤務した後、平成14年3月に上海総領事館に単身赴任した。

 赴任後、領事は同僚に連れられ、外国企業が多く集まる虹橋地区にあるカラオケクラブに足を踏み入れる。

 そして、1人のホステスに魅せられ、足しげく出入りするようになった。

 クラブは事実上、個室で、ホステスが“接待”してくれる。そのうち、ホステスは中国当局に摘発され、

 取り調べで上客だった日本人の名を供述するよう強要された。

 供述の中に領事の名前があることに目を付けた当局は、15年6月、このホステスを利用して情報機関に所属する工作員の男に領事を接触させた。

 当初、工作員は機密レベルの低い情報提供を要求。領事は昨年4月に外務省へ転属願を提出し、ロシアの総領事館に転勤が決まったが、

 工作員の男は、ホステスとの関係を「領事館だけでなく、本国にバラす」「(女性との)関係はわが国の犯罪に該当する」と何度も脅迫した。

 同年5月に入り、工作員の脅迫はエスカレートし、転勤先のロシアの情報も提供するよう迫られた。

 きまじめだった領事は工作員と深い付き合いとなってしまったことに責任を感じ、総領事や妻、同僚に計5通の遺書を残して自殺。

 総領事あての遺書には「自分はどうしても国を売ることはできない」などと記されていたという。

 領事は外務省と総領事館の衛星通信や情報伝達を担当する「電信官」で、

 総領事しか知らない国家機密も把握。特に衛星通信に使われる極めて複雑な暗号の解読方法を熟知していた。

 中国当局はこの暗号に強い関心を示し、領事が転勤と決まるや何とかして暗号の解読を引き出そうと、強い圧力をかけたものとみられる。

 冷戦さながらの色仕掛けによる諜報(ちょうほう)戦。

 外務省は、国を守ろうと“殉職”した職員について事実関係を一切、公表していない。[ 2005年12月27日13時0分 ] (夕刊フジ)


◆コメント:外交官は「公認スパイ」なんだから、狙われるのですよ。

 

上海の領事の自殺事件をすっぱ抜いたのは週刊文春で、その内容は引用した夕刊フジが要約したとおりである。

 安倍官房長官があっさり自殺の事実を認めているが、背景に関しては一切説明しないところを見ると、恐らく文春が書いている通りなのだろう。

 自殺した領事には気の毒だが、見事に中国にはめられた、という他はない。



 外交官と云えば聞こえはよいが、どこの国の外交官も外国に駐在する最も大きな職務は「情報収集」である。

 いくら情報量がマスコミを通して増えたとしても、直接その国に住んで見なければ実情は分からない。

 情報と云っても、風俗習慣。文化的相違ということではない。

 それぞれの母国にとって役に立つ、又は(潜在的)脅威となるような動きが他国で起きていないか、

 いち早く情報を入手出来るようにするために、その国の中枢部となるべく人脈、つまり情報源を確保するのが外交官の重大な任務であり、

 逆にわが国がその国に対して如何なる外交的思惑を持っているのか、決して一般国民には知らされないような情報を知っているのが、外交官である。

 「外交官とは公認スパイだ」と書いたのは、そういう意味である。

 だから、相手国の政府は、そこに駐在しているわが国をはじめとする他国の外交官から、出来るだけそれぞれの国の外交政策に関する情報を引き出そうとして、

 しばしば今回のような汚い手を使うのは「常識」である。

 夕刊フジは「冷戦さながら」などと見当違いなことを書いているが、冷戦も何も外交とは、そういうものなのだ。

 大まかなこの世界の「雰囲気」を知りたければ、フレデリック・フォーサイスの小説の数々、

 わが国なら麻生幾のZEROという小説を読むと良く分かるだろう(フォーサイスはロイターだったか通信社勤務が長かったから、

 外交のウラを良く知っている。また、麻生幾の小説では日本の公安警察と か警察庁の外事課の人間が中心で、

 外交官ではないのだが、中国政府の謀略に対峙するストーリーで、かなり綿密に取材しているため、

 外交の裏幕をここまで赤裸々に描いた本は読んだことがない、と玄人が感心しているぐらいの本である)。

 だから、自殺した外交官には気の毒なのだが、女でひっかけられて脅迫され、わが国の機密情報の提供を迫られる、

 などというのは、はっきり言ってドジなのである。

 プロならば、中国側が女を使って接待してきた時点で、ピンと来なくてはいけないのである。

 日本政府は自国の外交官も守れないのかと書いている人がいるが、守りようがない。

 勝手に「色仕掛け」にあって、簡単に騙されてしまったのだから。


◆騙されたプロより、誘拐された素人(拉致被害者)を何とかしろよ。

 

 繰り返すが、今回の件は、気の毒だが、自らの意思で、危険を伴う外交官という職業を選んだ人物が、

 プロであるにもかかわらず、海外駐在中に現地政府のスパイにさせられかけたということである。

 つまり、本人にも責任がある。

 しかし、北朝鮮に拉致されている日本人は、全く何の責任もなく、北朝鮮が日本の主権を侵害して(密入国とは他国の主権を侵害することである)、

 市井の一般人を誘拐し、しかもその国の最高責任者が「ああ、誘拐したよ」と平然と云っているのだ。

 国連憲章なぞが出来る前、第2次大戦以前なら、宣戦布告しても構わないようなとんでもない状況なのである。

 横田めぐみさんの父上は、長年の心労が祟ったのであろう。先日倒れて入院してしまった。 

 それにもかかわらず、わが国の首相は「拉致問題の解決無くして国交正常化無し」といいながら、口先ばかりではないか。

 毎週映画をみたり、オペラを見たり、毎日行われる記者会見を聴いても「北朝鮮」の言葉が発せられることは殆ど皆無で、やる気が無いのは明らかである。



 自国民が他国に誘拐されたままになっているのが明らかだというのに、こともあろうに現職の内閣総理大臣が、

 重大な国政選挙である衆議院選挙を、「郵政民営化の是非『だけ』が問われる選挙だ」といってのけたのは開いた口が塞がらなかったし、

 それを支持した有権者の責任も重い。


by j6ngt | 2005-12-30 19:17 | 外交