カテゴリ:歴史( 3 )

1961年4月19日、エドウィン・O・ライシャワーハーバード大学教授、駐日大使として着任。

◆ライシャワー博士のような、本当に日本(人)を知る人がアメリカにいないのが悲劇なのだ。

故・エドウィン・O・ライシャワー、ハーバード大学教授は、専攻は日本史です。アメリカ有数の、というよりも、「世界的日本史学者」でした。

私はこの日記で過去数回、ライシャワー先生のことを書いています。

最初は教育に関しての稿でした。

ライシャワー先生は、晩年の名著、且つライフワークと言っても良いかと思いますが、ザ・ジャパニーズ―日本人という本の中で

「例えば「生」という字の発音は12種類あるが、そのいずれにするかを決定するのは、主として、文脈、前後関係から判断するしかない。このような、恐るべき表記法を持つ言語にもかかわらず、高い識字率(低い文盲率)を実現しているのは、日本人の教育に掛ける情熱の証しとして、賞賛されて良い」


と、書いてくださっています。

この、ザ・ジャパニーズ―日本人は日本古代史から現代史まで概説した上で、

アメリカの学者ではない一般人でもある程度教養がある人なら、「日本人とは何か?」を理解できるように書かれています。

「言語」という章があり、そこでは、上でごく一部を引用しましたが、その他に、日本語が世界の言語の中でもかなり孤立した位置にあり、日本人にとって英語を習得するのがどれほど大変なことか、

丁寧に説明してくださっています。

日本語訳を担当したのは「同時通訳の神様」と呼ばれ、ライシャワー駐日大使の通訳も務めた、「只管朗読」で有名な國弘正雄氏です。

ライシャワー博士が翻訳者として指名したそうです。

英語を勉強したい特に学生諸君には、是非原著、Japaneseを読んで頂きたい。

世界有数の教養人が書いた日本人論ですが、これほど読みやすい英語があるだろうか、と驚きます。



昔、ラジオの文化放送は夜、「百万人の英語」という英語講座を毎日放送していたのですが、水曜日は謂わば「原書講読」の日でした。

その講師が國弘先生で、教材がこの“The Japanese”、という時期がありました。

そして、何と毎回この「言語」の章から1パラグラフですが、ライシャワー教授(その頃はとっくに米国に帰り、ハーバードで教えておられました)が自著を朗読した録音が聴けたのです。

AMラジオだから音質は近年のデジタル音源とは比較にならないけれども、今から思うとなんとも贅沢な番組でした。


◆専門はものすごく難しいのです。

ライシャワー教授の父君は宣教師で、ライシャワー教授は日本生まれなのです。ごく幼い時期を日本で過ごしたことが、日本への親近感と日本史への興味につながったわけです。

ザ・ジャパニーズ―日本人は一般向けの本ですが、本来、ライシャワー教授は日本史の専門家です。

円仁(794-864)という平安時代の僧侶が、「最後の遣唐使」として838年から847年まで唐に滞在しました。

円仁はその間、中国のいろいろな場所を見て歩きました。その記録が、「入唐求法巡礼行記(にっとうぐほうじゅんらいぎょうき)」という、私など何度聞いたりみたりしてもタイトルさえ覚えられない史料です。

これをライシャワー教授はなんと英訳しています。日本人が読んでもさっぱり何が書いてあるか分からない資料を読んでいるのです。

日本史の専門家だから当たり前とはいえ、アメリカ人でこれほど日本に通暁した人は珍しい。

そういう方が駐日大使を務めて両国民の相互理解に貢献した功績は大変なものです。

本当は政治などに関わらず、ずっと研究を続けたかったでしょうに。


◆ところが、暴漢に刺された・・・。

駐日大使時代、1964年、ライシャワー大使が日本の精神障害の少年に太腿を刺される、という大事件が起きました。

ライシャワー博士は日本語ペラペラで、笑顔を絶やさない、紳士でした。それまでそんなアメリカ人、ましてや大使はいなかったので、ライシャワー博士は日本人からも慕われていました。

歴代、最も日本人に尊敬された駐日米国大使だと思います。

ですから、この事件のすぐ後から、大使が入院している病院やアメリカ大使館には、日本中から見舞いの手紙が殺到しました。

「どうか、このことで、日本人を誤解しないでください」という手紙が多かったそうです。

そのようなことを言われなくても、ライシャワー博士の日本への思いは変ることはなかったのですが、博士は「大変感激し」た、と、ずっと後ですが、NHKの特番で話していました。



ただ(これは司馬遼太郎氏がエッセイ集「風塵抄」で書いていますが)、ライシャワー大使はまもなくハワイのアメリカの病院に転院したのです。

それは日本人医師が嫌だったのではなく、ひとつには、輸血により、肝炎に感染してしまったこと。

もう一つは、当時の日本の病院があまりにも汚かったので、見舞いにくる米国側の要人たちが、「日本はアメリカ大使をこんな汚い病院に入院させたのか」と誤解するといけない

(するに決まっている)という配慮だったそうです。非常に細やかな配慮をなさるお人柄だったのです。


◆「ライシャワー博士の最終講義」

博士は1980年、ハーバード大学を退官するに当たって、特別最終講義を行いました。その様子はNHKが録画して日本でも放映されました。

講義には日本史専攻だけではなく、学内から学生、院生が殺到し、立錐の余地もないほどでした。

ライシャワー博士の講義は、日本人の特質を細かく説明し、日本人を理解するために必要な知識を学生に与えて下さいました。

今、ライシャワー博士のような碩学がアメリカにいないのが、米国政府の日本への無茶な要求の背景にあると思います。残念です。

博士は、1990年9月1日に他界されました。偉大な生涯でした。


by j6ngt | 2006-04-20 02:46 | 歴史

靖国神社は何故問題になるのか 「入門編」

◆神社とはどういうところですか?

 

 普通、故人にお参りするとき、私たちは、神社へ行きますか?

 違いますね。お墓へ行きますね。お墓は普通、お寺にあります。お寺というのは仏教の施設ですね。

 小泉首相とか政治家たちは、太平洋戦争で国のために戦死した英霊に敬意を払うために行く、と、しばしば発言しますね。

 神社とは、「神様」を祭祀している場所なのです。つまり。

 靖国神社は戦没者を神様と見なしているわけですね。人間を神様にしてしまっているのですね

 神様とみなすということは、軽蔑していては出来ませんね。尊敬しているということです。

 それで、国内、国外から色々意見が出る訳です。


◆A級戦犯というのは、戦勝国から見た概念です。

 

 新聞の社説などはよく「A級戦犯が合祀されている」といいますね。

 戦後、東京裁判(極東国際軍事裁判)で有罪になった東条英機を含む25人をA級戦犯というのですが、この概念はあくまで相対的なものです。

 日本が負けたから、戦争犯罪人というのですが、倫理的にはどの国も罪を犯しています。それは、間違いないです。

 そもそも、裁判とは紛争とは関係の無い、中立的な第三者が、当事者双方の言い分を聞いて、刑事裁判(東京裁判も敢えて言えば刑事裁判、つまり犯罪の認定とそれに対する刑罰を確定するための裁判のこと)ならば、無罪か有罪か、有罪ならば被告人にどのような刑罰を課すか、を決める制度です。

 東京裁判は戦勝国であるアメリカが敗戦国である日本の軍人を裁いているので、裁判の本質を完全に逸脱している。

 本当は裁判とは言えないです。

 東京裁判で有罪とされた人たちは「平和に対する罪」、「人道に対する罪」を犯したかどで死刑にされるのですが、それは、アメリカの「勝てば官軍」というだけです。

 連合国(米英)も「平和を乱し」、特にアメリカは、ご承知の通り、広島と長崎に原爆を投下して、24万人もの非戦闘員を殺戮したのです。

「人道に対する罪」がない訳が無いじゃないですか。

 原爆投下を許可したトルーマン大統領は超弩級大戦犯だと思います。その意味で極めてアンフェアです。

 ところが、1951年に締結されたサンフランシスコ講和条約というのがあるのです。

 これで、一応戦争のことはおしまいにしましょう、というような条約です。非常に大雑把に言えば。

 そして、日本は、その11条で極東国際軍事裁判の判決を受け入れることに合意したのです。

 だから、形式というか、合意した以上、戦争犯罪人と連合国が認定した人をそのように呼ばざるを得ないのでしょう。公式な声明として、あるいは新聞報道としては。 


◆外国の意見を無視したとしても、やはり、日本を戦争に巻き込んだ責任はあるでしょう。

 

 我々、日本人が何が腹が立つかというと、あたかも「日本だけ」が戦争犯罪という違法行為をしたような言われ方をするからで、それは確かに不公平です。

 「平和に対する罪」、「人道に対する罪」という言葉を文字通りにとれば、

 アメリカもイギリスも中国も、戦争に加わった全ての国は他国の人間を殺しているのだから、同じように罪がある。

 それは、言っても良いと思うのです。条約がどうあれ、倫理的、道義的な罪は戦争に加わった全ての国に存在する筈です。人を殺しているのだから。

 ただしですね。

 日本国内だけで見た場合でも、東条英機ら陸軍軍人を中心とした、三国同盟締結を推進した人々がいるわけです。

 そして、陸軍に反対するのが面倒になって、三国同盟にOKを出した、嶋田繁太郎海軍大臣などにも、戦争を始めてしまった責任というのがあるとおもいます。

 昭和天皇にも有るとおもいます。

 何故なら、これらごく一部の人たちの決断のせいで、300万人の日本人が死んだのですから。

 戦争に日本を巻き込んだきっかけを作った人を、神社で「神様」にしてしまうのか?という議論。

 そして、それを国政の最高責任者が畏敬の念を持って拝みに行くのはどんなものでしょうねえ?という議論があるのです。

 中途半端で申し訳ないが、くたびれてきたので、今日はここまでで終わります。


by j6ngt | 2005-10-19 03:35 | 歴史

杉原千畝氏の話はそのまま素直に感動すればよいのである。

◆日本人だけが、ケチをつけたがる、杉原千畝氏の物語。

 

 日本テレビでドラマを放送していた。

 Googleで日本語のサイトを「杉原千畝」で検索すると、約53,700ページヒットする。 

 検索結果を見ると、数件目に、「ねつ造」とか、「政治利用」などの文字が目に入る。

 世の中には、このような美談を聴いたり、読んだりすると、なんとか、ケチをつけたくなるひねくれた人がいるようだが、非常に卑しいと思う。

 こういう話は、あら探しをしないでいいのだ。 例え、杉原の行為を外務省が黙認したとしても、杉原が後で受勲していようがいまいが。



 英語で検索すると、35,400件である。

 英語の検索結果を見ると、細かい事はさておき、とにかく、杉原はユダヤ人を救ったのだ。その事実は変らない。と賞賛しているのが大勢を占める。

 私は4年以上前に、たまたま、アメリカのソルトレイクシティ(ユタ州)の"The Salt Late Tribune"という新聞が、過去何度も杉原千畝の話を掲載して、讃えているのを見つけた。

 但し、11年も前(1994年)の記事なので、5ドルぐらい払って買わなければならなかったが、それぐらいどうでもいいから、何としても読みたかった。

 これは、日本では諸説紛々としているのを承知の上で、それでも手放しで、杉原氏を賞賛していて、胸が熱くなる。

 無論、ユダヤ系のアメリカ人が書いた記事だろうが、それはつまり、「杉原の命のビザによって救われたユダヤ人とその子孫が、杉原氏の死後、なお、感謝している」ことを雄弁に物語る。

 当時の米国政府が日米関係に考慮してこの記事を書かせたとは思えない。

 何故なら、ユタ州のソルトレイク・トリビューンですよ。完全な田舎新聞(失礼だが)である。

 広報的意図があるなら、NYタイムズとかワシントンポスト(これらも勿論杉原を取り上げたことがあるのだが)を使うだろう。

 したがって、この記事は、完全なる善意(感謝)によって書かれたと考えるべきである。


◆記事:「杉原千畝、自らの職を賭して、ユダヤ人の命を救った、物静かな英雄」(1994年3月24日付 Saltlake Tribune紙 翻訳)

  

  1940年の初夏のある日、リトアニアに駐在していた日本人外交官、杉原千畝は、早朝5時15分、窓の外のざわめく音で目が覚めた。

  そっとカーテンの隙間から外をのぞいて、彼はひっくり返るほど驚いた。そこには何百人という外国人がひしめいていた。

  杉原は、何か暴動が起きたのかと勘違いして、妻子にクローゼットの中に隠れていろ、と少々狼狽気味に言った。

  彼は、あたらめて、領事館の外の人々を見た。彼らに、自分(日本)に対する敵意は無かった。彼らはただ、絶望していた。

  彼らの目は真っ赤に充血して、幾晩も寝ておらず、疲れ切っているようだった。髭が伸びきった老人、まだ幼い少年。赤ん坊を抱いた母親・・・・。

  彼らは、杉原の姿を見つけると、祈るように、黙って手を組んで哀願する意思を示した。

  この人々は、迫り来るナチスから逃げようと必死の、ユダヤ系ポーランド人達だった。 



  ユダヤ人達にとって、杉原だけが生きながらえる最後の頼みの綱だった。

  ポーランドからヨーロッパの他の地域への出口は既にナチスによってふさがれていた。

  唯一の逃げ道は、リトアニア経由でソビエトの奥地を通り抜けてウラジオストクに行き、そこから日本へ渡るルートだった。

  彼らの願いは杉原に、普通の人間は一生経験しないほどの辛いジレンマをもたらした。

  人としての良心と国家の命令との板挟み。

  生と死。

  ユダヤ人にビザを発行することは、「ユダヤ人に構うな」という祖国の命令に背くことになる。

  当時40歳の外交官だった杉原は、東京の本局に3度至急電報を打って、ビザ発行を許可してくれるよう申請した。3度とも拒否された。

  彼は、ずっと後、死の前の年に、在日米軍の新聞、"Stars and Stripes"紙のインタビューに答えて、こう言っている。

  

 「私は、何とかしなければと、思いました。ユダヤ人達はもしナチスの手にとらえられたら、どれほど恐ろしい運命が待ち受けているか、と私に向かって必死に訴えました。

  私は彼らを信じました。そして、彼らを助ける以外の選択は無い、と考えました」

 「私は倫理的な見地から考えなければいけないと思いました。私が彼らを突き放せば彼らは殺される。しかし、私は命令に背いてもクビになって、帰国するだけです。選ぶ道は明らかでした」



 杉原は、1940年7月31日から28日間、日本政府が杉原にリトアニアからベルリンへの転勤命令を出すまで、手書きのビザを書いて、書いて、書きまくった。

 朝から晩まで、一人一人と面接して次々にビザを発行した。あまりの重労働に彼はみるみる痩せ、衰弱した。

 杉原の妻、幸子(ゆきこ)までもがストレスで参ってしまい、生まれたばかりの子供の面倒を十分に見てやれないような状態になったほどだった。

 しかし、それでも、杉原はベルリンへ転勤するため、領事館を引き払いホテルに移ってからも、そして、ドイツへ向かう列車に乗ってからも、最後の最後まで、ビザを書き殴り、窓越しにそれを待つ人たちに渡した。

 彼が書いたビザは合計約1600枚だったと推定される。しかし、一家族には一枚のビザで足りるので、これにより、6000人のユダヤ人の命を救ったのだ。 

 ベルリン行きの列車がついに動き出したとき、杉原はユダヤ人に向かって深々と頭を下げて謝った。 

 
「残念ですが、これ以上書けません。申し訳ない。皆さんの無事を祈ります」

 幸子夫人は今でもその時、残されたユダヤ人のショックの表情を忘れられないという。それでも、列車が動き出した時、誰かが叫んだ。

 「ニッポン、バンザイ!」

 「杉原さん、私たちは絶対に貴方のことを忘れない!」

 ユダヤ人難民は皆遠ざかる列車に向かって叫んだ。

 「また、会いましょう、必ずね!」 

 殆どのユダヤ人は、2度と杉原に会うことは出来無かった。しかし、彼を忘れる者はいなかった。

 マサチューセッツ、Farmingtonで既に隠居しているメリヤス商、サミュエル・ミンスキーさんは、杉原のビザのおかげで、母と兄弟と一緒に日本を経由してアメリカに移住出来、アメリカで父にも再会出来た。

 「皆、シンドラーの事ばかり話題にする。しかし、彼はユダヤ人を彼の工場で、ただ同然の労働力として働かせたのです。

 勿論、シンドラーを否定はしません。しかし、我々はもうひとり、信じがたい善行をただ、自らの良心に基づいて実行した偉大な人物を忘れてはなりません。」

 「杉原は、彼の行いにより、カネを儲けるどころか失ったものの方が遙かに大きいのです。彼の善意がなかったら、私は、絶対に今ここでこうして生きていられなかったでしょう」

 杉原は控えめな人で、自分の英雄的行為について、自分の兄弟にすら、何十年も話さなかった。だから、彼は日本では何の評価も受けていなかった。

  杉原は、この世を去る前年、こういった。 

 
「彼ら(ユダヤ人難民)は紛れもなく、人間なのです。その彼らが助けを求めてきたのです。私は、あれを実行するだけの決心が出来たことを嬉しく思います。日本人にとって、これは当たり前の事をしたに過ぎないのです。」 



◆コメント

 コメントは、要らないでしょう。


by j6ngt | 2005-10-12 02:01 | 歴史