カテゴリ:北朝鮮( 2 )

「郵政、郵政と言われて、拉致問題の『ら』さえ聞こえてこない。」(横田早紀江さん)

◆記事1:家族連絡会など、北への対応巡り首相に質問状提出

 

北朝鮮による拉致被害者の家族連絡会と支援組織の「救う会」は24日、内閣官房拉致問題連絡・調整室を訪れ、小泉首相への質問状を提出した。

 北朝鮮側が提出した横田めぐみさんのものとする遺骨が偽物だったことが判明し、細田官房長官が「厳しい対応を取らざるを得ない」と経済制裁を検討する考えを示してから8か月が経過したため、質問状では、「いつまで北朝鮮の対応が変わるのを待つのか」などとして、小泉首相の回答を求めている。(2005年8月24日20時50分 読売新聞)


◆記事2:横田夫妻が応援演説 拉致議連メンバーら対象に

 

拉致被害者家族会代表の横田滋さん(72)と妻の早紀江さん(69)が25日、拉致議連事務局長代理で衆院東京4区から出馬する民主党の松原仁前衆院議員の決起大会で応援演説した。

 横田さんらは今後、郵政民営化関連法案に反対し、無所属で大分1区から出馬する前拉致議連事務局長の衛藤晟一前衆院議員らを個人として応援する方針。

 横田さんは「拉致議連に入っている国会議員は一部で、活動しているのは数人。拉致被害者を救出するため、松原氏を国会に送り出してほしい」と述べるとともに、北朝鮮への経済制裁の必要性をあらためて訴えた。

早紀江さんも「郵政、郵政と言われて、拉致問題の『ら』さえ聞こえてこない。(拉致問題が)埋没してしまっている」と語った。(共同通信) - 8月25日22時47分更新


◆コメント:小泉首相は郵政民営化の是非だけを問う極めて単純な選挙だという。

 

 日本中が小泉首相の調子の良さに、騙されている。殆ど、集団催眠だ。

 今日発売された週刊文春には、林真理子氏がエッセイを連載しているが、読んで唖然とした。

 そのまま引用したら知的財産権の侵害となるが、こうなったら黙っていられない。

 

 「あの記者会見を見て私も拍手喝采をしたひとりだ」

 「こうこなくっちゃ。やっぱり小泉さんだワ」

 「自分の思うことは命がけでやる。文句あっかというあの強気は小泉さんでなくては出来なかったろう」


  こういう人が日本中にいるので支持率が高くなるのだろうが、誠に残念である。

 「自分の思うことは命がけでやる」って、本当に小泉首相が命を賭ける訳がない。

  また、「思うことを命がけでやる」のが偉大であるならば、自爆テロの実行犯は一番立派な人間なのだろう。



 仮にも国政選挙、政権選挙である。郵便局単一項目で投票してよい訳がないことが、分からないのか。

 サラリーマン増税はしない、といっているが、定率減税の見直しを止めるとは言っていない。

 これは、実質増税だ。というようなことが、どうして分からないのか。

 しかし、それよりも北朝鮮拉致被害者家族はもっと気の毒だ。完全に無視されている。


◆横田早紀江さんの嘆きはまことに尤もである。

 

 小泉首相が、薄情なことは今更始まったことではないが、彼に引きずられて国民も拉致問題の存在を忘れて良いわけがない。

 国民が忘れそうなら、マスコミが問題を提起するべきだ。

 しかし、記事1は、ネットだと分からないが、実際の紙面では大手各紙とも社会面のベタ記事(下のほうに小さく掲載される記事)なのである。

 それは、あたかも、政府にこの問題を取り上げるなと恫喝されているのではないかと思われるほど、不自然に小さな扱いである。


◆小泉首相は面倒くさいから誤魔化そうとしている。国民がそれに同調したらダメだ。

 

 今更言うまでも無いことだが、北朝鮮は、日本国の主権を侵害し、工作員が不法に入国して、一般市民を拉致するという言語道断の犯罪を犯しており、金正日はそれを公式に認めているのだ。

 ところが、日本政府は小泉首相の2回目の訪朝で、最初に連れ戻した5人の家族を連れ帰った時点で、もうこの問題を終わりにしようとしている。

 誘拐された自国民を他国から救い出すという当たり前のことをとりあげず、郵政民営化だけが今回の選挙の争点だという論理は、私にはどうしても理解出来ない。

  記事2で東京4区から立候補する松原仁前衆議院議員は、ずっと拉致問題に携わってきた数少ない国会議員なので、横田早紀江さんは応援演説に立ったのである。

 今一度繰り返す。

 小泉純一郎内閣総理大臣は北朝鮮による日本人拉致問題は既に片付いた事にしようとしている。

 国民は、郵政一点張りの彼の調子良さに同調し、横田さん達のことを忘れてはいけない。

 救う会全国協議会のサイトにあるこの声明文(他にも何度も政府に要求を出しているのだ)ぐらい、読んでもいいでしょう。


by j6ngt | 2005-08-26 00:26 | 北朝鮮

北朝鮮拉致工作員が日本の国会で証言したというのに、妙に皆さん無関心だね。

◆記事:<北朝鮮元工作員>拉致は15人 安明進氏が拉致委で初陳述

 

 北朝鮮の元工作員、安明進(アンミョンジン)氏(36)が28日、衆院拉致問題特別委員会で参考人として意見陳述した。自らの目撃などで拉致確実とする被害者は、横田めぐみさん(行方不明時13歳)や市川修一さん(同23歳)ら15人に上るとしたうえで、「日本が経済制裁を発動しないのは、被害者を救出せず放置することを意味する」と述べた。安氏の国会での陳述は初めて。 

 安氏は、在籍した工作員養成学校の金正日政治軍事大学について「日本人拉致は(教官らの)自慢の種になっていた」と話し、被害者の役割を「海外工作員の日本語教官として勤務していた」と述べた。さらに、周囲の話から、拉致された日本人は30人以上に上るとの見解を示した。

 安氏が拉致確実とした被害者は、横田さんや市川さんのほか、増元るみ子さん(同24歳)、田口八重子さん(同22歳)、4月に16人目の拉致被害者として認定された田中実さん(同28歳)、特定失踪(しっそう)者問題調査会が「拉致濃厚」とする加藤久美子さん(同22歳)、古川了(のり)子さん(同18歳)ら。

 安氏は87年、工作員に選抜され同軍事大(当時は別名)に入学。93年に卒業し工作機関の朝鮮労働党作戦部に配属されたが同年9月、作戦の途中で韓国へ亡命した。(毎日新聞) - 7月28日18時18分更新


◆コメント:日本人を拉致した本人が、日本の国会で証言したんだぜ?

 

 これほど、劇的なことはない。動かぬ証拠である。

 安明進氏のことはこの日記でも、何度も取り上げた。2004年4月24日「独裁者にとって最も恐ろしい兵器とは、何者かが住民たちに正確な情報を提供してしまうことだ」04年11月24日「北朝鮮元工作員 安明進氏『横田めぐみさんは生きている』」 

 この他、04年12月15日今年の6月24日「炎天下5時間…拉致被害者家族らの座り込み1日目終了←小泉、お前はそれでも人間か?」で、安明進氏に触れた。

 本当のことを言っているか分からないではないか、と言う人は、安明進氏が書いた、北朝鮮拉致工作員をいう本をとにかく読んで見ると良い。

 1997年、彼が証言したことにより、横田めぐみさんらが北朝鮮に拉致され、北朝鮮の工作員に主に日本語や日本の風俗習慣を教える役目に就かされていることが明らかになったのだ。


◆ここまで、はっきりとした証言が行われて、本気で被害者を救出しようとしないのなら、内閣総辞職しろ。

 

 今日の証言と、上で紹介した本の内容とはピタリと符合しており、特に本は、あまりにも細部に亘って書かれており、到底ウソとは思えない。



 それにしても、横田めぐみさんのご両親は、何と心の優しい方々なのだろうか。

 初めて、安明進氏と横田夫妻が対面したのは、ずっと前のことだ。

 安明進氏は、何しろ、自分が日本人を拉致していた張本人(横田めぐみさんを拉致したのは安氏の教官だが)なのであるから、横田夫妻にどれだけ罵声を浴びせられても仕方がないと覚悟していた。 

 ところが、めぐみさんの母上、横田早紀江さんの口から、安明進氏に発せられた最初の言葉は、「貴方も、ご家族を(北朝鮮)に残して来られて、さぞやお辛いでしょう?」という慰めの言葉だった。

 余りの温情に安氏は感極まり、その場で号泣したという。

 安明進氏は先日、炎天下での座り込みにも参加し、今日は、国会で証言し、自らの生命を危険に晒しているのだが、そこまで、彼を動かしたのは横田さんご夫妻のお人柄と必死さだろう。



 父君の横田滋さんは、あまりにも好人物で、見ていて気の毒でたまらない。

 以前、在日朝鮮人・韓国人(3世で拉致とは勿論関係が無い)と話しているときに、横田滋さんは、「拉致問題を理由に、罪もない在日朝鮮人の方々が言われ無き差別を受けるようなことは、決して、あってはならないことだと思います」と仰っていた。理屈はそうなのだが、なかなか言えることではない。ところが、横田さんは本心からそう思っておられるのが分かり、私は、どうして、このようなご夫妻が、かくも残酷な運命に翻弄されなければならないのか、と考え、落涙を禁じ得なかった。



 人の世は住みにくく、このような「いい人」が損をする。

 私は日本政府が動かない、一つの大きな理由は、横田めぐみさんのご両親があまりにも優しく、つまり、脅威に感じないからではないかと言う気がして仕方がない。

 そうだとしたら、政治家や、役人どもや、拉致問題を見て見ぬふりをする全ての奴は、人間の屑だ。


by j6ngt | 2005-07-29 00:56 | 北朝鮮