「大阪府 1100億円収支改善へPT試案 医療費助成を縮小」/大阪センチュリー交響楽団を救え

◆記事:大阪府 1100億円収支改善へPT試案 医療費助成を縮小(4月11日16時37分配信 産経新聞)

■35人学級廃止、警官削減

大阪府の橋下徹知事直轄の府改革プロジェクトチーム(PT)は11日、事業費や人件費の削減などによって

平成20年度に1100億円の収支改善を図る「財政再建プログラム試案」を発表した。

「聖域なきゼロベース」での見直しを求める橋下知事の意向を反映し、高齢障害者、乳幼児を対象とした医療費助成のほか、

私学助成の削減など府民生活に直接影響を与えるものに踏み込んだ。

「子どもが笑う、大人も笑う大阪」の実現を掲げる橋下知事だが、各方面からの強い反発が予想される。

試案は今月下旬、改革PTが各部局と折衝を開始。府市長会や府町村長会への説明などを経て橋下知事が最終判断。

6月に確定させ、7月に提出する20年度本予算案に反映させる。

試案は「収入の範囲内で予算を組む」という橋下知事の改革方針に沿い、20年度で1100億円の削減を実現することを前提に改革PTが検討。

内訳は一般施策経費削減で330億円、建設事業費削減で70億円、職員の人件費削減で300億~400億円。

府所有の土地売却などで新たに300億~400億円の歳入確保を目指す。

また、22年までの3年間を集中改革期間と位置づけ、21、22年度でそれぞれ1060億~1210億円規模の削減を目指す。

一般施策経費の削減に含まれる事務事業の見直しについては

(1)法令により、府に事業量削減の裁量がないもの

(2)個人給付や府民生活にかかわる緊急性・重要性の高い事業など

(3)法令に根拠があるが事業量を府の判断で決めることができるものなど

(4)府独自事業で事業量削減の裁量があるもの(5)扶助費や公債費など-の5項目に分けて精査した。



このうち(2)では、高齢障害者や乳幼児などの医療費助成や救命救急センター運営関係事業、私学助成(授業料軽減)など、

いずれも府民の生活に直接影響を与える事業を削減対象に挙げている。

(3)では、2年間で520人の警察官を削減。

(4)についても、高齢者の生きがい・地域生活支援事業、子育て支援関係事業など、

いわゆるセーフティーネットといえる部分の削減にも踏み込んだ。

一方、府立施設については、大相撲春場所を開催している体育会館など8施設を廃止。

46の出資法人については、大阪国際児童文学館など28法人について廃止や統合など見直す方針を示している。

【財政再建試案ポイント】
 一、安威川、槙尾川両ダムは凍結

 一、警察官を520人削減

 一、私学授業料軽減の上限を年収680万円以下に引き下げ

 一、小学校1、2年生の35人学級を廃止

 一、高齢者や乳幼児の医療費は自己負担1割

 一、救命救急センターの運営補助を廃止

 一、20年度の市町村への支出金79億円カット

 一、体育会館は売却、上方演芸資料館(ワッハ上方)は移転


◆コメント:これだけ云うなら、大阪府知事、職員、府議会議員が率先垂範するべきではないか?

こういう事をしてはいけないと思います。まず、弱いものから切り捨てているからです。

高齢者や乳幼児の医療費の自己負担を引き上げるべきではない。教育、治安、文化への支出は義務的支出と呼ばれるものだ。

これらは基本的に削るべきものではない。それをやったのが小泉政権とその流れを汲む現福田政権なのだ。後期高齢者医療制度が典型である。

その前に、歳入を増やせば良いでしょう。儲かっている大企業が大阪には多数存在するのだから、法人住民税率を引き上げれば良い。

ここには、歳入を増やす方法が何一つ書いて無い。

支出を削減することによって、不都合が生じるのは納税者ばかりじゃないか。

それならば、まず、税金で食っている府知事を含む大阪府職員の給料を半分にカットしろ。ボーナスは無し。当然だろう。


民間企業を見習え。伊藤忠商事の丹羽宇一郎氏は、同社が多額の負債を抱えていた、1998年に社長に就任した。

1年半、無給で働いた。

黒塗りの社長車に乗らず、一般職員と同じように徒歩と電車で通勤して、それは取締役会長になった今も続いている。

昼食は子会社であるファミリーマートのコンビニ弁当や、吉野家の弁当を取っている。


橋下知事もプロジェクトチームとやらも、自分は痛みを覚えずに納税者に財政難のツケを持っていくのは正しくない。

丹羽会長を手本にせよ。


◆大阪センチュリー交響楽団を救え

一昨日、「在阪楽団への運営補助金を大幅削減 橋下行革」←大阪府議政務調査費、年間6億5千8百万円を減らせ。ココログ)に書いたとおり。

文化・芸術など理解できない橋下知事は大阪府が運営する大阪センチュリー交響楽団への補助金をカットしようとしている。

オーケストラは、基本的に「金儲け」の為の組織ではない。初めから赤字に決まっているのだ。

だからといって、潰して良いとでも思っているのか。

オーケストラひとつ潰すのは簡単だ。しかし、一旦潰してしまったら、新しいオーケストラをゼロから組織するのがどれほど難しいか。

橋下がここまでバカだったとは呆れるばかりだが、バカ呼ばわりばかりしていても始まらない。

ここに署名を送りましょう。

緊急署名活動のお願い【大阪センチュリー交響楽団を応援する会】

一人でも良いそうだ。郵送が間に合わないときはFaxでも構わないそうだ。

第1次締め切りは4月17日。

昨年、大阪市消防局音楽隊を救えなかった。今度は救いたい。

お断りしておくが、私は、大阪センチュリー交響楽団とは何の利害関係も無い。

ただ、政治屋や役人の気まぐれでオーケストラが潰されるのを、黙って見過ごすわけには行かないのである。

皆さんのご協力をお願いします。

【読者の皆様にお願い】

是非、エンピツの投票ボタンをクリックして下さい。皆さまの投票の多さが、次の執筆の原動力になります。画面右下にボタンがあります。


by j6ngt | 2008-04-12 00:38 | ニュース


<< 「小泉氏トップ、2位麻生氏=首... 「在阪楽団への運営補助金を大幅... >>